2010年07月27日

俺だけの麺道

〜プロレスリング・ノア創立10周年記念〜Summer Navig.'10 part 2
2010年7月14日(水)岩手県営体育館

第5試合 タッグマッチ30分1本勝負
川田利明、井上雅央 vs 山善廣、佐野巧真

※テレビ観戦(日テレG+)

川田がパートナーということで先発を買って出た雅央も、いつもとは違うストイックなレスリングを展開……するかに見えたが、間が持たないのか、徐々にいつもの雅央ワールドがにじみ出てくる。相手の高山もけっこう好きみたいだしね、雅央ワールド。

それにしても川田だ。体は絞ったというよりも、なんか少し萎んだ感じ。動きがもっさりしていて精彩を欠いている。顔に表情がなく、高山のエルボー一発で膝をつく。

特に印象的だったのは、相手にバックを取られた時に、振りほどいて相手の顔面、ないしは首筋に叩き込むオーバーヘッドキックがあるじゃないですか。これがもう、腰の辺りまでしか上がらないんだよね。相手が背の高い高山ということを差し引いても、ちょっと寂しいシーンだった。

試合は高山がニーリフト一発で雅央をピンフォール。もう絵に書いたような前座試合だった。地方のファンからすれば、その姿が見られるだけで嬉しいのかもしれないが、川田と高山が同じリングにいて、こんな内容で終わるとは。

川田はこのシリーズに全戦参加していたのだが、試合は全てタッグマッチで、ほとんど試合の勝敗に絡んでない。
(7月16日の大館市民体育館のみ、川田が平柳をフォール)
やっぱり今は「麺ジャラスK」が大事でプロレスどころじゃないのかな……。

でも、「デンジャラスK」の川田利明が作るラーメンなら、多少マズくても(※)食べてみたいとは思うが、逆にどんなに美味しかったとしても、ただの川田利明が作るラーメンを食いに行くほどラーメン好きじゃないんです。俺が好きなのはプロレスなんです。

もうひと踏ん張りして欲しいところです。

※まだ食べてないからわからないですよ!
posted by ナガシマシン2号 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157658633

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。