2011年05月31日

踏んでも折れない野性のつくし(アイスリボン 5月28日 アイスリボン道場)

ICE20110528_01.JPG

普段はアイスリボンを見に行っても、「某有名ファンサイトに任せときゃいいか」と思ってしまい、
ついつい観戦記を書かずに終わってしまうことが多いのです。
ですが、今回はつくしの頑張りに胸を打たれたので、今からでも軽く書いておきます。
つくし中心に書いておきます(笑)

ちなみにシャッターリボンだったんですが、写真はあまり期待しないで下さい。
俺のコンデジと写真の腕では、蕨道場は暗い、暗過ぎるんだよぉ。

『アイスリボン・295』
5月28日(土)アイスリボン道場 18時開始
観衆104人
※結果は公式からコピペ

◆入場式
ICE20110528_02.JPG
この日は欠場となった藤本つかさファンだという初観戦の方に、
「藤本のように両足飛びのドロップキックを出す」と約束するさくら。
(※藤本は星ハム子と北都プロレスに参戦)

代表挨拶は、前日に第2代IW19チャンピオンとなった飛香が立候補。
「16歳のみなみ飛香の暑い夏をスタートさせたい」とマイク。


◆第1試合 タッグマッチ 15分1本勝負
 ○志田光&宮城もち(12分5秒 ファルコンアロー→エビ固め)みなみ飛香×&成宮真希

ドラマ「マッスルガール」出演によって、開いてしまった藤本との力の差。
そして宮城もち戦の敗北。そんな志田の再起戦、ということになるのだろうか。
「マッスルガール」出演が無駄なこととは思わないが、本人はかなり気落ちしている模様。
そしてそれをサポートするのが、デビューしてまだ5ヶ月の宮城もちっていうのが凄い。

もちは本当に、雰囲気・佇まいだけなら既にベテラン選手。
でも、正直動きはまだまだな部分もある。もちろん普通に考えれば凄いんだけど。

成宮はどんどんよくなってる。でも、正直動きはまだまだ(以下略)
飛香はIW19チャンピオンになって、だんだん復調してきた感じか。

そして志田。
力で持ち上げた最後のファルコンアローは見事ではあったが、こちらもまたまだ本調子ではなさそうだ。
それでも3カウントを奪うと喜びを爆発させた。
ICE20110528_03.JPG


◆第2試合 シングルマッチ 10分1本勝負
 ○Ray(8分57秒 ツイストプレス→片エビ固め)真琴×

この日の真琴は実にハツラツとして動きもキビキビしていた。
まだ包帯こそしていたものの、怪我だってほとんど感じさせなかった。
なんというか、本当に普通の試合でした(いい意味で)。

ここんとこ荒れた流れだったんで、こんな真琴を見るのは久しぶり。
もしこれがSMASHに出稽古に行けるようになった成果なら、それはそれでちょっと複雑だ。

試合はムーンサルトを返した真琴だが、Rayの奥の手ツイストプレスで敗北。
ICE20110528_04.JPG
時間切れまであとちょっとだったのに、惜しい。

そのRayですが、なんか6月4日のレイナ女子プロレス横浜大会に参戦するらしいですね。
さくらは容認してるけど、時間がアイスの試合とモロかぶりじゃん。
またいらぬバッシングを受けなきゃいいけど。


◆第3試合 トライアングルリボン 15分1本勝負
 忍vs都宮ちい○vsくるみ×
 (8分57秒 アックスボンバー→エビ固め)

入場式では全く笑顔がなくちょっと心配だった都宮ちい。
それでもミックスドのトライアングルということで、楽しい試合を見せてくれた。

ブレイクダンスの要領で、なぜか最終的に忍にダメージが行く。
ICE20110528_05.JPG

1000円で買収工作に出る忍。くるみには成功したが、
ICE20110528_06.JPG

ちいには「安いんだよ!」と張り倒される。
ICE20110528_07.JPG

場外にエスケープした忍は「二千円は高いと思うんだけどな……」とボヤいていた。

試合は忍の例の必殺技がキーとなった。ちいはくるみを羽交い絞めにすると、

ちい「忍の代名詞のアレやれ!」

忍「……(指をキツネの形にして)フォックス・ボンバー!」

ちい「違う! アレ! アレ!」

忍「……(靴下を手にはめて)ソックス・ボンバー!」

と、こんなネタを披露(笑)
しかし、最終的にはちい自ら「○△×□ボンバー!」とくるみを仕留める。

すっかり笑顔が戻ったちいを見てちょっと安心した。


◆第4試合 シングルマッチ 20分1本勝負
 さくらえみ vs つくし

試合前は両者ガッチリと握手。

まずはつくしがドロップキックで先制。

最近、アマレスによるグラウンドのボディコントロールが、
つくしの見せ場のひとつとなっているのだが、
敢えてさくらはこれに付き合い、簡単にとらせない。

入場式で予告したように両足飛びのドロップキックを出すが、つくしにあっさりとスカされるさくら。
直後、つくしが両足飛びのドロップキックを一撃。

リング内で3回ほどおてんばダッシュをしたあと、
ICE20110528_08.JPG
エプロンに出ると、その場で1人おてんばダッシュ。客席にアピール。

弓矢固めはさくらが重いためなかなかうまくいかなかったが、前転式を意地になって決めてみせた。
ICE20110528_09.JPG

その後つくしは逆エビ固めを仕掛けるが、さくらがプッシュアップで跳ねのけると、
つくしは物凄い勢いで顔面からマットに激突。
この辺から「今日のさくらは厳しいな……」と思い始める。

コーナーでも容赦なく顔面を蹴り飛ばすさくら。
ICE20110528_10.JPG

さくらはダブルアーム式バックブリーカーの連発から、
ジャイアントバックブリーカーでつくしの腰を攻める。

逆片エビ固めでは、さらに顔面を踏みつけていく。
ICE20110528_11.JPG

つくしはドロップキックで反撃。
コーナー上の攻防では、つくしがさくらをパロスペシャルに捕らえる。実に映える。
ICE20110528_12.JPG

技を解いて降りると今度はさくらを肩車。つくしパワーが凄い。
バランスを崩して振り落とす形になるが、かえって大ダメージのさくら。

さくらは重い逆水平で逆転。
対角線を走って「さくらえみ、70kg!」を狙うが、つくしはカウンターのドロップキック。

さくらはグラウンドに引きずり込むと、リンギーナで締め上げる。
一度はエスケープするつくしだったが、リング中央に戻し再び絞め上げるさくら。
すると今度はつくしが両足でさくらの左足を極める。思わず技を解くさくら。つくし、藤原みたい!
両者、そのままの体勢で頭突き合戦。藤原みたい!(2回目)
ICE20110528_13.JPG

さくらは今度こそ「さくらえみ、70kg!」を決め、コーナーでリバーススプラッシュ。
これをかわしたつくしはドロップキックで反撃。
コーナーにもたれたさくらに、反対コーナーから大きく助走つけ、気合のこもったドロップキック。
今日は要所要所でドロップキックが大活躍!

ミサイルキックを放った後、さらに別のコーナーに登るつくしを追いかけるさくら。
ならばと、つくしはその場からフライングボディアタックでさくらを叩き落す。

タイガースープレックス狙いのつくしの腕を取り返し、その場で捻り上げるさくら。
ICE20110528_14.JPG

投げようとするさくらに対し、つくしは、おんぶスリーパー、コブラ、パロスペシャルと移行。
ICE20110528_15.JPG

さくらは低空ドロップキックでつくしを倒すと、
真琴を仕留めた時のようにラ・マヒストラルから逆十字。
ICE20110528_16.JPG
つくし、必死にガード!

さくらの猛攻はいまだ止まらず、今度はトラブルクラッチで絞め上げる。
エスケープしたつくしはエルボー乱れ撃ち。両腕を振り回しロープ際に追い込む。

コーナーへ振られたさくらは待ってましたとばかりにトラースキック。
リバーススプラッシュ、ムーンサルトプレスでカバーにいくが、
ICE20110528_17.JPG
つくしはブリッジで返す。全女っぽい!

激しい張り手合戦。つくし、負けないどころか、強烈な1発でさくらの動きをストップさせる。
ICE20110528_18.JPG

ついにタイガースープレックスで投げきるが惜しくもカウント2。つうか普通にさくらを投げてるよ!
ICE20110528_19.JPG

ついでハルカゼもカウント2!

コーナーポストに登ったつくしをさくらが肩車にとらえると、
つくしはさくらの頭上で回転、新技・ソフトクリームで完璧な3カウントを奪った。



○つくし(14分14秒 ソフトクリーム→エビ固め)さくらえみ×

つくしに対するさくらえみの攻撃は、あきらかにこれまでとは違い、ワンランク上のものだった。
重い打撃とねちっこいグラウンドでつくしを追い込み、
中盤では近くにいた初観戦組のお客さんが、「これ、やり過ぎじゃね?」と呟いていたぐらいだ。
それでもつくしは折れることなくさくらに向かっていき、終盤までスタミナが切れることはなかった。

そして試合を決めた新技のソフトクリーム。実に見事なものだった。

これ、異例の早さで公式サイトにアップされ、沢山の人が見たんでしょう。
早速ネットでは多くの人が言及し、「さくらが協力してできる技だ」なんていう批判もあった。
それはさんざん動画だけを見たから言えることであり、現場で見ていたものとしては、
あまりに鮮烈で、あまりに衝撃で、とても説得力のあるフィニッシュだったんだよ。

それにそのシーンだけを切り取って、いったい何が言えるというんだろう。
14分戦ったその結末としてあの技があるというのに。

人はそこに見たいものを見る。みんなはプロレスに何を見てるのかな?

まあ、こんな抽象的なこと言っても伝わらないとは思う。
自分もあんまり頭良くないんで、もうちょっと気の利いたこと言いたいんだけど思い浮かばない。

話を戻して、
もしつくしに敢えて苦言を呈するとすれば、新技の導入がちょっと早過ぎること。
まだスカイツリーだって破られてないじゃない?
もちろん、ドロップキックや弓矢固めを見ればわかるように、
つくしは決して持ち技を粗末にする選手ではない。
だとすると、対アジャ戦を見据えた新技なのだろうか。
それこそ、さっきの抽象的な話とリンクしてくるが、
アジャにこの技が掛かるかどうか、アジャが受けきるかどうか、
それは、そこに至るまでの戦いぶりが重要になってくると思う。

ちなみに座談会の後、アジャ戦のオファーを受けた時の気持ちをつくし本人に聞いてみたら、
「うわぁー……死ぬ!……って思いました」とのこと。

アジャとの決戦は6月12日。自分も観戦予定です。

〜中川・松本プロデュースJungle Jack21興行〜
“隊長とエースからの挑戦状”

日時:6月12日(日)17:00
会場:東京キネマ倶楽部

セミファイナル(試合時間、試合順等後日発表)
アジャ・コング三人掛け
 アジャ・コング vs 鈴木みのる
 アジャ・コング vs X(当日発表)
 アジャ・コング vs つくし

◆座談会
忍の番が終わった後、崖のふちプロレス代表・松本都が乱入。
旗揚げ戦に関する公開緊急記者会見を行ったが、これは別記事で紹介予定。

つくしの番になると、まずは前日に行われたIW19戦の反省を述べる。

昨日飛香と試合をして負けてしまってこと、
カメラがあるのに下を向いてしまい、悔しいですとしか言えなかったこと、
見てくださったお客さんに失礼だったと思ったこと、
IW19初代チャンピオンになれたことは、応援してくれた皆さんのおかげだと思っていること、
それらを中学生とは思えない立派な言葉で綴ったつくしは、
「感謝を忘れてしまい、すいませんでした」と謝った。

なにもそこまで優等生にならなくてもいいのに。

そしてつくしは言葉を先に続ける。

「自分は新しい目標に向かって進みたいと思います。
 藤本さんの持っているICEのベルトを獲ることです。
 後楽園負けてしまったんですけど、もう一度挑戦させてください」

するとここで、志田がつくしに待ったをかける。

志田「つくしは昨日、飛香さんに負けたよね? 私は今日飛香さんに勝った。
   次にベルトに挑戦するのは自分じゃないですか?」

つくし「昨日飛香さんに負けてしまったけど……今日さくらさんに勝ちましたー!」

志田「それが何だよっ!」

思わず腰を浮かすさくら。
ICE20110528_20.JPG

さくら「す、凄いことじゃないの? さくらに勝つって、凄いことだよねぇ?」

志田「だから何だよっ!」

志田に一蹴されて、切なそうにカードを発表するさくら。

さくら「……来週の土曜日、つくし vs 志田戦を、
    ICEx60選手権次期挑戦者決定戦として行います……さみしい」

こうした流れで、次期挑戦者決定戦が決まったわけだが、この日の二人の試合を比べて見ると、
今の志田がつくしに勝ったとしたら、逆に説得力がない、とさえ言ってしまおう。
それぐらい今のつくしは強い。

この試合を前にして、さくらえみは「週モバさくらいと」で次のように書いていました。
(有料サービスの記事ですが、極々一部を転載します。許して!)

「ベルトを手放して、明日、IW19つくし物語の最終回をみせるのか、
 ベルトを落とした今日が最終回だったのか」

試合を見ればおのずとわかりました。最終回ではなく、新しい章の始まり。
IW19つくし物語はひとまず終わったかもしれないが、ICE×60つくし物語が今、ここに始まりました。

今のつくしは大人に踏まれても、折れることのない強さを持っている。

ICE20110528_21.JPG



※プロレス人気blogランキングに参加しています。

br_c_1226_1.gif




posted by ナガシマシン2号 at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 会場観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/205783426

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。