2011年06月23日

ルチャリブレの逆襲(レイナ 6月19日 新木場)

reina0619R_01.JPG

それではレイナ第5戦、前回お届けした石橋の試合以外の、全体的な観戦記となります。

試合開始は昼12時から。
この日は夜に他団体の試合がなく、レイナの単独開催だったため集客面での苦戦は予想できました。

◆「REINA 5」2011年6月19日(日)新木場1stRING

入場すると、今回も北側スタンド席は潰しており、東西の椅子席も2列のみ。
そして第2戦の時のように外国人の団体客は訪れず(少しはいたけど)、
主催者発表でも135人という寂しい客入り。

そういえば会場入り口でチケットのもぎりをやっていた女性が満腹ミキティだったのかな。

★「満腹ミキティ」が「崖っぷち リングアナ」としてREINAに登場!|Universal Woman's pro Wrestling REINA

この写真と比べると、けっこう大人っぽい印象を受けました。
試合中は本部席に座っていて、まだリングアナはやらせてもらえないようです。

あと売店で焼きそばを売ってましたよ!
reina0619R_02.JPG

そういえば、12日のスターダム興行でもレイナがチケットを売ってたんですが、
まるで元全女っぽい感じの年配のスタッフが「1000円引きでいいから買わない?」とか言ってました。
全女イズムを継承するのはレイナに間違いない!(笑)


▼入場式
reina0619R_03.JPG
本日の出場全選手が入場。
上林がマイクを取り、対戦相手の選手が飛行機トラブルで来日できず、
今日行われるはずだったタイトルマッチが延期になったことについてお詫び。
そのお詫びだけで、今日の試合に対する意気込みとか挨拶は一切なし。

その後、堀田が1人でリングに上がり、自身の欠場のお詫びと、手術の予定について話す。
reina0619R_04.JPG

入場式といってもお詫びしかありませんでした(苦笑)
それなら川野の退団のこともちゃんと伝えてくれたらいいのに。触れないのもどうかと思う。


▼20分1本勝負
 ○黒木千里(7分31秒 バックエルボー→片エビ固め)雫あき●

雫あき選手、前から名前はよく聞いていましたが、実際に見るのは初めて。
どインディに出てたりするからどの程度の選手なんだろう?と思ったら、すごくいい選手でした。
reina0619R_05.JPG

対する黒木はいつも通りパッとしない。特にグラウンドでは全く手も足も出ず。
それでもパワー殺法で徐々に反撃すると、最後はバックエルボーから強引な押さえ込みで勝利。
reina0619R_06.JPG

試合後にはマイクを取り、堀田に対してレイナ入団をアピール。
reina0619R_07.JPG

それに対して堀田の答えは、
「お前の気持ちはわかったがそう簡単には入れない。私の用意する試合を受けてみろ」
と、査定試合が組まれることになりました。

その後、堀田がコメントを出してるんですが、

黒木の入団希望に堀田がコメント|女子プロレス専門誌『RINGSTARS』

20日の新木場1st RING大会でレイナ入団を直訴した黒木千里に対し、堀田祐美子スーパーバイザーがコメントした。「黒木は旗揚げ前からフリーでREINAのリングに上がっていて、何がしたいのかさっぱりわからない選手だったんだけど、私の練習に積極的に参加をした中で何かを感じたからこその発言なのかな? REINAの若手より真面目に参加してたからね。来るもの拒まず!! だけど、すぐに入れると思うのは大間違い!! 試練の相手を考えておくよ。逃げるなよ!!」

「何がしたいのかさっぱりわからない選手だった」
「REINAの若手より真面目に参加してた」

堀田のコメントが色々とガチ過ぎる(苦笑)


▼20分1本勝負
 ○松本浩代(8分55秒 バックドロップ→片エビ固め)石橋葵●

※前回の記事参照


▼30分1本勝負
 ○上林愛貴(8分46秒 STM→エビ固め)ルーシャス・ラターシャ●
reina0619R_08.JPG

当初はメインでタイトルマッチを行う予定の上林だったが、
対戦相手のシンプリー・ルーシャスが飛行機トラブルにより来日延期となり、
タイトルマッチは次回大会にスライド、今日はもう1人の新外国人選手である、
ルーシャス・ラターシャ選手とシングルマッチ。
2人とも「ルーシャス」とついてるのは何か関係あるのか?

で、今回来日したラターシャの方は、正直どんな選手かわからないうちにやられてしまいました。
目立った動きは側転エルボーからフェースクラッシャーという武藤ムーブぐらい。
小さな黒人選手で、近くで見るとまだ子供みたいに若い。
これだけ小さいとメインを張るような選手になるのはなかなか難しいかな。


▼休憩
……物凄く休憩が長かった。
石橋は売店に出てこないし、時間潰すのが大変だったよ!(笑)


▼セミファイナル タッグマッチ45分1本勝負
 ○シルエタ、ヘイリーヘイトレッド
 (18分00秒 ムスクロバスター→片エビ固め)
 ●藪下めぐみ、木村響子

後から入場した木村が、リングサイドに置いてあったシルエタのソンブレロをかぶって挑発。
遺恨も何も無い選手相手にこうしてとっかかりを作れるのは、やはりキャリアの成せる業か。
(もし過去にメキシコで遺恨があったならすいません)

その木村とヘイリーのエルボー合戦は物凄いバチバチファイト。
reina0619R_09.JPG
たとえ観客が少なくても手を抜かない仕事ぶりは素晴らしいですね。

藪下は最初シューズを履いていたけど、途中から脱いでしまいました。
reina0619R_10.JPG
総合やってた人は裸足の方がしっくりくるんですかね?

シルエタは今回もちょっとイマイチだった。
なんか技にキレがないというか、ちょっとしたミスが多いというか。
あと、ビキニの上からワンショルダーのコスチュームを着ているみたいな感じなのだが、
そのビキニ部分が結構あやうい。うっかりポロリしちゃいそう。

でも試合を決めたのはシルエタでした。
フィニッシュ(公式からコピペ)は「ムスクロバスター」となっていますが、要はキン肉バスターです。
reina0619R_11.JPG
というか、ルチャの選手ということを考えると、
キン肉バスターの元ネタと言われる「マテマティカバスター」なのかな。
膝をついて、ちゃんと真下に落としていたし。

最後はノーサイドで健闘を称え合うも、木村とシルエタだけは握手を交わさず。
木村が挑発してる感じ。次につなげようとしてるのかな。


▼メインイベント 60分1本勝負
 ○セウシス(12分59秒 不知火・改)Ray●

上林のタイトルマッチが延期となり、メインに昇格したこの試合。
別にマスクを賭けるわけでもないのですが、戦前から「マスクウーマン対決」と煽ってました。
reina0619R_12.JPG
こうしてみると確かに華があります。

序盤はRayがセウシスを圧倒。Rayはいつも動きにキレがあるね。
reina0619R_13.JPG

徐々にセウシスも反撃、
両者一度ずつ場外への飛び技も見せ、一進一退の白熱した試合となる。

reina0619R_14.JPG
試合終盤、ムーンサルトはカウント2で返されたが、Rayにはまだツイストプレスがある。
再びコーナーに上がるRayだったが、
セウシスが起き上がると一緒にコーナーに上がり、まさかの不知火・改!
reina0619R_15.JPG
Rayはこれを返すことができず、3カウントを聞くことになった。

結果的に負けてしまいましたが、Rayも凄く良かったです。
よく「アイスリボン以外でのRayはとてもいい」なんて声を聞きますが、
(それはそれで残念なことですが)その言葉にも頷けるというものです。

試合が決した後、小競り合いを続ける二人だが、そこにシルエタが入ってきてセウシスに加勢。
さらにはマイクを持って何やらアピールする。
reina0619R_16.JPG
Ray「なんとなく言いたいことはわかるけど、まだちょっとスペイン語勉強中なんで……」

誰かスペイン語がわかる人はいないかと会場内を探すと、
一見普通のおじさんっぽかったが、おそらくスタッフの人が出てきて通訳。

「シルエタは『CMLLがナンバーワンだ。次は私とシングルで戦え』と言っています」

Rayもこれに異存はないようで、次回大会でシルエタとの対戦が決定。

それにしてもこの試合、予想外の熱戦でした。
終わりよければ全てよし、メインよければ興行よし、とでもいうように、思いのほか満足できました。

これで黒木の入団試練マッチとRay対ルチャリブレ、2つのストーリーラインができました。
やっぱりプロレスは連続ドラマですからね、何も手を打たないディアナよりはよっぽどいいと思います。
そして、既に次回大会のカードが発表されています。

◆6月25日(土)東京・東部フレンドホール(19:00)

▼20分1本勝負
 広田さくら vs ルーシャス・ラターシャ
▼20分1本勝負
 松本浩代 vs 飯田美花
▼30分1本勝負
 Ray vs シルエタ
▼特別試合30分1本勝負
 豊田真奈美&ヘイリー・ヘイトレッド vs 黒木千里&セウシス
▼TLWインターナショナル女子選手権試合60分1本勝負
 (王者)上林愛貴 vs シンプリー・ルーシャス(挑戦者)

※石橋葵は練習中に首を痛めたため欠場。

えっ! 「石橋葵は練習中に首を痛めたため欠場」!?

……うーん、なんか嫌な予感がする。


※プロレス人気blogランキングに参加しています。

br_c_1226_1.gif




posted by ナガシマシン2号 at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 会場観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。