2011年12月15日

2011年東京スポーツプロレス大賞

2011年度のプロレス大賞が発表されました!

◆2011年度東京スポーツ新聞社制定プロレス大賞◆

 ▼最優秀選手賞 棚橋弘至(新日本)

 ▼年間最高試合賞 8月27日「ALL TOGETHER」(日本武道館)

  武藤敬司(全日本)小橋建太(ノア)VS矢野通、飯塚高史(新日本)

 ▼最優秀タッグチーム賞 関本大介、岡林裕二(大日本)

 ▼殊勲賞 秋山準(ノア)

 ▼敢闘賞 永田裕志(新日本)望月成晃(ドラゴンゲート)

 ▼技能賞 KENTA(ノア)

 ▼新人賞 鈴川真一(IGF)

 ▼女子プロレス大賞 愛川ゆず季(スターダム)

 ▼特別賞 該当者なし

 ▼功労賞 該当者なし

 ▼レスリング特別表彰 小原日登美(自衛隊)吉田沙保里、伊調馨(ALSOK)

一応、各賞に関して感想でも書いていきましょうかね。

まず最優秀選手賞(MVP)は棚橋弘至選手。
自分も棚橋選手がMVPだということに異存はありません。
古い新日本ファンからすれば、いまだに受け入れられない人もいるでしょう。
しかしプロレスの歴史から見れば、猪木のストロングスタイルだって邪道だったはずです。
だから新日本の歴史の中にあって、ストロングスタイルを否定したところで文句を言われる筋合いはないはずです。
それを新日本を出ることなく、新日本に留まってやり続けてきたことに最大限に評価したいのです。
ストロングスタイルの象徴である猪木も、実は物凄いショーマンスタイルじゃないですか。
棚橋は表面的にショーマンスタイルですけど、中身は本当にストロングスタイルだと思います。


年間最高試合賞は「ALL TOGETHER」のタッグマッチですか。
これはもうシチュエーションありきの受賞ですよね。
ちょっと文句をつけられる雰囲気ではありません。いや、別に文句はないけど。
きっと会場で見てたら最高だったんだろうなぁ。自分はレイナ見に行っちゃったからなぁ(苦笑)


最優秀タッグチーム賞も文句なしです。
関本・岡林組は説得力が凄いですよね。誰が見ても、どっから見ても「プロレスラー」って感じ。
ただ……またしてもバッドインテンションズが獲れなかったのはちょっと可哀想ですよね。
また東スポの記者が襲われるのかな(笑)


殊勲、敢闘、技能と、三賞にもふさわしい選手が選ばれています。
それにしてもKENTA選手の負傷欠場は痛いですね。ノアは大丈夫なんでしょうか。


新人賞はIGFの鈴川選手ですか。確かに日本人選手としてIGFを支えてきましたからね。
まあ中には納得できない人もいるかとは思いますが、澤田敦士選手が新人賞を獲った時の100倍納得できます(笑)


そして、女子プロレス大賞に我らがゆずポン、愛川ゆず季選手が選ばれました!
1年間ゆずポンを後押ししてきた当ブログとしては大変嬉しい限りです。

ただ、これでまたネット上ではアンチが騒ぐんでしょうね。
ゆずポンに限らず、新人が脚光を浴びたりすると、どうしても「作られたスターだ」とか言う人が出てきます。
でも、多かれ少なかれ周りでお膳立てをしてやらなければスターは生まれないと思うんですよ。
そして勘違いしてはいけないのが、ポジションやベルトは団体が用意したものかもしれないけど、最終的に「グラレスラー・愛川ゆず季」を作ったのは、他の誰でもないゆずポン自身なんです。

レジェンドとの対戦、
栗原あゆみや朱里との邂逅、
新設されたベルトの獲得、
テレビドラマ出演、
タッグリーグ戦優勝、
多くの男子レスラーとのコラボ、
そういったチャンスと試練は紙一重、次々と訪れるハードルに対し潰れることなくクリアしていったからこそ、今のゆずポンがあるのです。

スターダム旗揚げ前から見ていた人ならわかるだろう?
北條まみではグラレスラーは務まらなかったということを。

思わず熱く語ってしまいました。
なにはともあれ、受賞した選手たちに心からおめでとうと言いたいです。

YUZUPON.JPG

(2011年10月7日 仮面貴族FIESATAにて)



※プロレス人気blogランキングに参加しています。

br_c_1226_1.gif




タグ:愛川ゆず季
posted by ナガシマシン2号 at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/240512148

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。