2012年01月21日

ネット・プロレス大賞に投票しました

プロレス専門BLOGブラックアイ2さんの「ネットプロレス大賞」に今年も投票させていただきました。
せっかくですから自分の投票内容についてのコメントを記しておきたいと思います。

無難過ぎる選択は他人が見てもつまらないと思うので、やはりここは自分が実際に観戦した試合を中心に選ばせていただきました。

■最優秀選手賞
1位 愛川ゆず季
2位 関本大介
3位 棚橋弘至

まずは最優秀選手賞=MVPです。当ブログとしてはゆずポンを1位に推さないわけにはいきません。ええ、かなり贔屓目に見てますよ。
ただマジメな話、話題を世間に届けていたという点では、間違いなく他のレスラーより優れていたと思うのです。
未だにゆずポンを揶揄しているような人も少なくないですが、とりあえずそういう人は試合を生で見て欲しいですね。
えっ、ブル様引退興行のvs志田戦を見たって?……うーん、あれはちょっと微妙でしたね(苦笑)

2位は大日本の関本選手。なんていうか、プロレスラーとしての説得力が凄いです。
大日本だけでなく、全日本やゼロワン等、様々な団体で活躍しました。
個人的には、ゼロワン以外の団体に出場する時も、ちゃんと「火祭り刀」を持参しているのが嬉しいですね(必ず携帯しているかどうかは未確認)。

そして3位は新日本の棚橋選手。
最近すっかり新日本と縁遠くなってしまいましたが、そんな自分にも棚橋選手の活躍は届いています。
このブログでも時々書いてますが、以前から自分は棚橋選手を支持しております。なにしろ新日本であのスタイルを続けてきたのが凄いと思います。
それから業界的にも、やっぱり新日本という団体には元気でいて欲しいですからね。
これからも団体・業界を引っ張るチャンピオンとして頑張って欲しいです。


■最優秀試合賞
1位 10/27 センダイガールズ後楽園ホール大会
   里村明衣子&花月 vs 高橋奈苗&世IV虎
2位 12/25 アイスリボン後楽園大会
   さくらえみ&つくし vs 里村明衣子&仙台幸子
3位 12/11 スターダム新木場大会
   岩谷麻優 vs 須佐えり

正直に言ってしまえば、真っ先に「これが1位だっ!」という試合が思い浮かびませんでした。
また、短期間で考えて投票したために、上半期の試合まで頭が回らず、下半期の試合に集中してしまいました。そこはちょっと反省しています。
そんなわけで、1位は「女子プロレス団体対抗Flashトーナメント」の決勝戦。
まあシチュエーション込みですけど、内容的にも素晴らしい試合でした。

2位はアイスリボンが仙女に一矢報いたタッグマッチ。
つくしに対する里村の厳しい攻めがあったからこそ、試合にも説得力がありました。
つくしはキャリア的には新人賞でもいいんですが、自分の中では新人を超越しているのでこちらにあげておきたかったのです。

3位はちょっと大抜擢となりますが、スターダム、岩谷 vs 須佐のシングルマッチです。
もちろん「技量」としてはまだまだ未熟な両者ですが、女子プロレスに必要な「感情」が爆発した試合だったと思います。
週プロでも2週遅れで取り上げられていましたね。


■最優秀タッグチーム
1位 関本大介&岡林裕二
2位 夏樹☆たいよう&世IV虎(川崎葛飾最強伝説)
3位 ジャイアント・バーナード&カール・アンダーソン(バッド・インテンションズ)

最優秀タッグは自分らしくないかもしれませんが、1位に大日本の関本&岡林組を推してみました。
それだけいつも凄い試合を連発していたと思います。
全日本のes(真田&征矢)との名勝負数え歌は本当に素晴らしかったですよね。
そして最強タッグ出場を経て、さらにワンランク上の戦いに進んでいます。
この2人にはチーム名とかないんでしょうか?

2位は夏樹と世IV虎の川崎葛飾最強伝説。
自分はスターダムの試合に通っていたため、一戦一戦タッグチームとして成長していく様をまざまざと見せつけられました。
少しずつ連係が進化していくのがわかって、大変興味深かったです。試合も面白かったです。

3位のバッド・インテンションズはテレビでしか見てないんですが、IWGPタッグとGHCタッグの2冠チャンピオンというのは、掛け値なしに凄いことだと思います。
それなのに、またしても東スポ版プロレス大賞の最優秀タッグチーム賞がもらえませんでした。さすがにちょっと可哀想なので、それの残念賞的な意味合いもかなりあります(笑)


■新人賞
1位 世IV虎
2位 橋本大地
3位 長島☆自演乙☆雄一郎

新人賞。これは贔屓目とかではなく、自信を持って世IV虎を推せます。
女子枠とか関係なしに、プロレス界全体として見ても世IV虎が相応しいんじゃないでしょうか。
ただ勢いがあるだけでなく、本当に1年目とは思えないセンスを見せてくれました。

そして2位は橋本大地。
破壊王2世として、プロレス大河ドラマの中に生きている大地選手。
著名な選手の2世レスラーというのは、いいことも悪いこともあるかと思いますが、そんな中で変に構えることもなく真っ直ぐに頑張っていると思います。
確かに対戦相手は豪華ですが、大谷が甘やかすことなく、本当に一からの叩き上げとして育て上げていることにも好感を覚えます。

そして3位は自演乙選手。観戦記こそ書いてませんが、実はデビュー戦を観戦しました。
純プロが好きな自分としては、あまり格闘技寄りの選手を候補に挙げたくはなかったんですが、実際に試合を見たらそうも言ってられません。
蹴りに頼らない試合運びや、相手の技をしっかり受けまくる等、見事にプロレスラーしてました。
魅せる要素は既に持っているので、プロレスに専念したら凄い選手になると思います。


■最優秀興行
1位 10/20 崖のふちプロレス第五戦 イサミレッスルアリーナ(松本都 vs 澤宗紀)
2位 10/27 センダイガールズ後楽園ホール大会「女子プロレス団体対抗Flashトーナメント」
3位 12/23 JWP後楽園ホール大会「米山香織引退試合」

最優秀興行、これは見ている人が少ないのでちょっと微妙なんですが、澤宗紀選手が出場した「崖のふちプロレス第五戦」を推したいと思います。
別にサブカル的なラインや、マニアックな志向で選んだわけじゃないんです。
この興行の中には、一見縁のなさそうな「戦い」がしっかりとあったし、「笑い」や「涙」もあって、本当にプロレスそのものだと思ったんです。
観戦記はアップしてないんですが(確か書きかけてそのまま)、今からでもアップしようかなぁ。
澤選手の圧倒的なまでに陽性のキャラクターが、物凄くいい方向に作用した興行でした。

2位は「女子プロレス団体対抗Flashトーナメント」。
大会前から本当にワクワクさせてくれたし、観戦中も期待値以上の興奮に包まれました。
まるで女子プロブームの真っ只中に身を置いているようでした。これで終わりにしちゃいけませんよね。

3位はあえて、という気持ちもあります。米ちゃんの引退興行……引退撤回興行です。
もう意見は出尽くしたと思いますが、会場で観戦していた者にとっては本当に面白くて、最高にハッピーなフィナーレだったんですよ。
擁護とまではいかなくても、会場で観戦していた者の意見も書きたかったのですが、ちょうどネットに繋げない時期だったんですよね。これも今からでも観戦記を書いておくべきでしょうか。


■最優秀団体
1位 スターダム
2位 ユニオンプロレス
3位 SMASH

最優秀団体ですが、これも多少は贔屓目に見つつも、胸を張ってスターダムと答えたいと思います。
本当に毎回毎回楽しみだったし、1年目とは思えない充実ぶりだったと思います。
これほど未来を感じさせる団体はありません。

2位はユニオンです。何度か観戦させていただきましたが、様々なカラーの試合があり、それぞれが面白かったです。
よく言われることですが、ユニオンに上がった選手は新しい魅力を見せてくれますよね。菊地選手とか紫雷美央選手とか。

3位はSMASHをあげておきます。
個人的にはあまりノレない部分もあるんですが、様々な部分で団体の力というものを見せつけられた気がします。
大会前の記者会見はもはや恒例ですね。


■マスメディア賞
1位 19時女子プロレス
2位 ももいろクローバーZ(アイドル)
3位 テレビ東京ドラマ「ここが噂のエル・パラシオ」

マスメディア賞の1位には19時女子プロレスを推したいと思います。
実は見られないことの方が多いんですが、それでも見られた物に関しては十分満足しています。
特につくしがフィーチャーされた、茨城県鹿島での19時女子プロレス特別編は出色のデキだったと思います。
アイスリボンにしかできないプロレスを最先端の技術で全世界に配信するというのは、とても可能性を感じました。
5月の後楽園でクジを引いた時、このDVDとつくしの色紙が当たって、牛木さんに「つくしづくしですね!」と言われたことが懐かしい。

2位はももクロです。本物の方です(笑)
全日本参戦時に軽く書きましたが、プロレスとの親和性が高いアイドルグループであり、彼女たち自身の活動も「プロレス」と言っていいかもしれません。
というか自分もガチでファンになってしまいました。そのうちまたももクロのことを書きたいと思います。

そして3位の「エルパラ」は単純に面白かったからです。プロレスに対する愛情が感じられました。
ただ、よりによって最終回を見逃してしまったのです!
でもまあ今の時代、ネットでアレすればアレできるからなぁ。なぁ金澤(長州風)。


とまあ、こんなところです。
御存知のこととは思いますが、既に結果も発表されています。

ネット・プロレス大賞2011、結果発表| ネット・プロレス大賞:公式サイト

ブラックアイ2さん、集計ご苦労様でした。

ぜひこれを読んでいるあなたも、今年は参加してみたらいかがでしょうか。


※プロレス人気blogランキングに参加しています。

br_c_1226_1.gif




posted by ナガシマシン2号 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/247515970

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。