2012年04月19日

ディアナ1周年によせて

崖っぷち団体と言われながらも、ワールド女子プロレス・ディアナが旗揚げして1年たちました。
そんな中、まったくの偶然なんですが、最近あることに気づいたんです。
視野の広い人や、勘のいい人はとっくに気づいていたのかもしれませんが、最近ネット界隈を賑わしているこちらの話題です。

猫ひろしをカンボジアに送り込んだのは誰? メディアは何故「仕掛け人」を報道しないのか


ここで猫ひろしをカンボジアに送り込んだ「仕掛け人」と言われる人のプロフィールに注目してほしいのです。

渡邊健太郎【オフィシャルサイト】-プロフィール

このページの「主なビジネス実績」という項目の2番目に書いてある「カンボジアで日本の女子プロレスリングを開催し10万人を動員」というのはおそらくディアナのことですよね(正確には旗揚げ前に行われたカンボジア・プノンペン遠征のことでしょうか)。

これがディアナ旗揚げ時の記者会見で語っていた、「カンボジアから練習生が2人来る」「カンボジアで女子プロレスが大人気なのでまた遠征に行く」ということの元となる話だったのでしょう。
そういえば、猫ひろしの「チャリティーランニング大会」なるイベントにもディアナ勢が参加したことがありました。

よくプロレスは「点」で終わらせず「線」にすることが大事と言いますが、見事に色々なことが線でつながった感じです(苦笑)
今の世の中お金を儲けるためには、こういうニッチで怪しいことをやらなきゃダメなんですかね。
そしてこの仕掛け人にとって、ディアナで儲ける算段がつかなくなったから練習生うんぬんの話は立ち消えになったんでしょう(もちろん推測ですけど)。

それにしても、この仕掛け人のプロフィール、「ホリエモンの右腕」「特技 空気を読まないこと」等、胡散臭さに関しては昔のプロレスラーにも負けてませんね!!(笑)





※プロレス人気blogランキングに参加しています。

br_c_1226_1.gif




posted by ナガシマシン2号 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/265422916

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。